良心の役割

what is conscienceカント倫理学

前回の記事では、人が道徳判断を誤ることがありうるかどうかうかについて吟味し、その可能性を否定しました。その議論のなかで良心の役割についても触れましたが、メインテーマであったわけではなく、具体的なところまでは踏み込みませんでした。

ここで改めて、カントの説く「良心」に焦点を当て、その役割について明らかにしていきたいと思います。並行して、そこに投げかけられてきた批判についても取り上げていきます。

法廷としての良心

カントは良心の働きについてしばしば法廷と絡めて論じます。どういうことかというと、感性的な側面が被告となり、理性的な側面が原告となり、やり取りするのです。マンガなどによく見られる、自分のなかにいる悪魔と天使が交互に言い合うようなシーンをイメージすると分かりやすいかもしれません。

葛藤conflict

これは誰しもが経験することだと思います。私などは毎晩のように感性が「何か食べたい」「甘いものが食べたい」と言い、理性が「いやいや、寝る前に食べるのはよくない」と言う、ということを繰り返しています。

原告と裁判官が同一人物でよいのか

ただ、カントの説明のうちには一見すると不適切・不合理に見える点もあります。それは彼が、理性の側が(原告のみならず)裁判官の役割も担うと説明している点です。

現実の法廷(外的な法廷)では、原告と裁判官が同一人物などということはありえません。なぜなら現実の裁判(外的な法廷)では、裁判官が原告と被告の両方の言い分のどちらに理があるか客観的な立場から判断を下さなければならないためです。

他方で、カントの説く内的な法廷に関しては、先ほどの例に絡めて言えば、悪魔(感性)の言う「騙してしまえ!」という声と、天使(理性)の言う「騙すなんてよくないよ!」という声のどちらが(倫理的に)正しいかということは明らかなのです。その意味で、原告と裁判官が別人である必要はないのです。

裁判官judge

ちなみに、カントの母語であるドイツ語では、良心はGewissenという語になります。Geは「共に」、Wissenは「知る」という意味です。ラテン語(consientia)や古代ギリシャ語(σονειδησις)でも同じことが言えます。原告も裁判官も、「共にどうすべきか知っているはず」なのです。

理性と感性の線引きの問題

良心を巡る問題は、理性と感性のせめぎ合いとも言えます。

私自身が大学のゼミで、カントについて話をしていると、よく聞く異論のうちのひとつに、理性・感性の二元論に対する批判があります。具体的には以下のようなものです。

カントは理性と感性を明確に区別して論じているが、実際には両者の間の明確な線引きなどできないのではないか?

もし理性と感性の二元論が成り立たないのであれば、カントの良心論どころか、そのことを前提に組み立てられているカント倫理学であり、延いてはカント哲学全般が瓦解することになります。

このような批判に対して、世界的に有名な日本のカント研究者である(そして私にとって大学の先輩である)石川文康は以下のように説明します。

珈琲にミルク

コーヒーにミルクを入れれば、コーヒーだけでもない、ミルクだけでもない、第三の状態がそこにあるのです。その状態では、もはやどこがコーヒーで、どこがミルクなのか分かりません。それでもそこには依然としてコーヒーとミルクが未分化ながらも紛れもなく存在しているのです。

しかし、私はこの説明はあまりうまくないのではないかと思っています(天国の石川先生すみません…)。これでは、どこがコーヒーでどこがミルクか、結局分からなくなってしまうからです。どこが理性でどこが感性なのか分からないのでは具合が悪いでしょう。

私なら別用に説明します。――世の中には明確な線引きができないものなどいくらでもあります。例えば「成人年齢」なるものがありますが、それは法律によって恣意的に定められたものであり、実際には「子供」であったものがある日突然「大人」になるわけではありません。「子供」は徐々に「大人」になっていくのです。

「男」と「女」なんかも、同じ構図が当てはまると言えるでしょう。誰もがその中間的存在の人たちがいることを知っています。それでも、私たちは「男」や「女」といった言葉を用いて生活しているのです。

もし「それがけしからん(明確な線引きのできない概念を使うな)!」という人がいれば、「ではあなたは一切使わないのですね?」と返せばいいのです。そんな人はひとりもいないはずなのです。なぜなら、私たちの周りは(「男」と「女」、「大人」と「子供」、「理性」と「感性」といった)厳密には二つに分けることのできないものであふれているためであり、それを区別する概念を用いてはいけないなどと言い出したら何も言えなくなってしまうためです。

「明確な線引きがない二つの概念」から「その概念を使ってはならない」を導くのは飛躍であり、本来は出てこない帰結なのです。

結局、良心の働きとは

良心の働きについて、先ほどからの例に絡めてまとめると、感性が「騙してしまえ」と言い、理性が「いや、騙すのはよくない」と言う場合に、良心の法廷(内的な法廷)が開廷するのです。とはいえ裁判官である理性は結論は分かっているのです。そのため裁判官のすべきこととは(判断を下す必要はなく)、ただ「確信」というお墨付きを与えることなのです。

私がなそうとしている行為は、私はそれが不正でないことを判断し、思念しなければならないだけでなく、それをまた確信もしなければならない。この要求は良心の要請であって、これに対置されるのが蓋然説であり、すなわちある行為をなす場合には、おそらく正しいであろうという私見ですでに十分なのである。(カント『単なる理性の限界内の宗教』)

前回の記事において、人は道徳判断を誤ることはないことについて述べました。この引用文の内容にも関わってくる内容なので、ここで改めて触れておきますと、道徳性とは(普遍化の思考実験を経た上での)「正しいであろう」という私見、すなわち主観的な正しさがあればそれで十分なのです。だからこそカントは「人は道徳判断を誤ることはない」と言い切れるのです。自分が「正しい」と確信したものが「正しい」のであって、他者がその妥当性に対して口を挟むことはできないし、すべきではないのです。

主観のうちに「正しさ」がある点に問題はないのか?

ただ、この点に関して、つまり、道徳性の最後的な拠り所が「確信」や「私見」といった「主観」にある点に、不満を述べる人がいるかもしれません。具体的には「自分ひとりが正しいと確信したものが正しいというのはモノローグで独断的なんじゃないか?」といった批判です。

そんな人に対して、私は以下のように問いたいと思います。

では、基準が「客観」にあればいいのですか?みんなが「正しい」と言ったことが倫理的に正しいということでいいのですか?

このあたりの問いは、討議理論の妥当性にも関わってくると言えます。ここ(討議理論)にはいくつもの問題点があると思いますが、分かりやすいところを二つほど挙げておきます。

①倫理に関してみんな(「みんな」が誰かというのも問題になりそうですが・・・)の承認が必要となるとすると、そんなことが時間的・物理的に可能なのか?

②仮にみんなの承認が取れたとして、その判断が誤りであるということはありえないのか?

「客観」なるものを盾にしても、かなり怪しいことがお分かりいただけると思います。

もしくは「主観はだめ!」「客観もだめ!」と言うのでしょうか。だとすればその人はいったいどこに拠り所を求めるのでしょうか。

カントの立場

この点についてのカントの立場を簡単に説明しておきますと、確かに最後は「主観的な正しさ」が問われるわけですが、それは普遍化の思考実験という客観的な手続きを経た上での話なのです。つまり、そこにあるのは主観的な妥当性のみではなく、客観性もまた担保されているのです。この主観と客観を合一させようとする思考法のうちに、カントの独創性であり魅力がつまっているのだと私は思っています。

タイトルとURLをコピーしました