悪とは何か?

倫理的悪とはカント倫理学

前回の記事では「よいとは何か?」という問いに対峙して、倫理的善それ以外の良さを区別すべきこと、そして、倫理的善は非利己的な動機であるところの善意志であるということについて論じました。今回は倫理的善の対極にあるもの、つまり、倫理的悪の姿について考えてみたいと思います。

きっかけ

実は今学期の私が担当したゼミのテーマが、「カントにおける悪」でした。そのテーマを選んだきっかけは当時3歳だった息子の「パパ、悪って何?」という一言でした。

息子
息子

パパ、悪って何?

私

えーと あのー そのー

(タジタジ)

「悪」なんて言葉をどこで聞いたのか息子に尋ねると、幼稚園で他の子供に「君が悪い!」と言われたというのです。それ以来、息子は何かあるごとに「ぼく悪い?」「パパ悪い?」「ジミー悪い?」(注、ジミーとは息子お気に入りのうさぎのぬいぐるみ)などと聞いてくる状態がしばらく続きました。

このような息子の疑問に答えるべく、大学のゼミで一学期間かけて学生たちと悪について侃々諤々の議論をしたのでした。学期が終わった今でも正直分からないことだらけなのですが、少なくとも私がある程度納得できている部分についてだけでも、ここにまとめてみたいと思います。

「悪」にもさまざまな悪性がある

まず押えるべきは「よい」同様に、「悪」にも様々な内包があるということです。例えば、①卓越性における悪(欠如)、②結果の悪、③倫理的悪といったものです。

①アリストテレスの立場

卓越性における悪(欠如)について説いたのは、古代ギリシアのアリストテレスです。前々回や前回の記事に出てきた炭酸飲料を振ってしまった子供の話に絡めれば、炭酸飲料を振れば炭酸が復活すると信じていた彼は卓越性において劣っていたと言えます。知識や判断力が欠如していたのです。アリストテレスはそれを徳の欠如と見なす卓越性こそが物差しである!

アリストテレ
アリストテレ

卓越性こそが物差しである!

 ②古典的功利主義の立場

結果の悪について説いたのは、ベンサムやミルなどの古典的功利主義者たちです。彼らに言わせれば、結果的に人々を不幸にするような行為は功利主義的には悪なのです。つまり、炭酸飲料を飲みたかがっていた人間の炭酸飲料を振って、炭酸を抜いてしまい、怒りを買うようなことは、彼らのような功利主義的発想からすると、悪なのです。

ミル
ミル

結果を見れば分かる!

③カントの立場

他方でカントは、それらは倫理的悪ではないと言うのです。彼は動機のうち、具体的には純粋な意志のうちに倫理的善を見出しました。同じように、倫理的悪も動機のうちに、それも利己的な動機のうちに存すると考えるのです。

カント
カント

倫理的悪とは動機の悪性のことである!

しかし、ここで疑問が生じます。

利己的な動機が直ちに倫理的悪なのでしょうか?

もしそうだとすると、そこには大きな困難が立ちはだかることになります。というのも、人間の行為というのは、概して利己的なものであるためです。つまり、利己的な動機に発する行為がすべて倫理的悪であるとなると、私たちの行為のほとんどが倫理的悪であることになってしまうのです。

現に、すでにカントの生前に、カントの言葉をそのように受け止め、その厳格性、禁欲性について批判した人物がいました。それが文学者・詩人として有名なフリードリヒ・フォン・シラーです。

シラー
シラー

カントは厳格主義者!

カント倫理学はあまりに禁欲的!

はたしてカント倫理学は、自分が好きで行為すること、つまり、利己的な行為の一切を倫理的悪と見なす、あまりに厳格で禁欲的な倫理学説なのでしょうか。

予告

この問いについては、次回の記事において引き続き論じていきたいと思います(先ほども触れたように、カントの悪についての論考は、非常に多くの問題を孕んでいるため、そう簡単にまとめることができないのです・・・)。

タイトルとURLをコピーしました