web counter
幸・不幸 | カントに学ぶ意志の倫理学

幸・不幸

功利主義は幸福を倫理基準に据えます。他方のカントは自身の幸福を追求する行為に倫理的価値を認めません。この点において確かに両理論は対象的です。
しかし、カントは決して反幸福主義者であるわけではありません。むしろ、他者が幸福になるように努めることを義務と見なしていますし、自身の幸福追求ですら場合によっては間接的な義務となりうることについて説いているのです。また、倫理的に振舞える人間は、「幸福になるに値する」とも表現しています。カントにとって倫理的善と幸福は決して相反するものなどではなく、むしろ理念としては調和するものなのです。
とはいえ、それがどれだけ現実的なことなのでしょうか。その妥当性については精査する必要があると思います。

カント倫理学

『ドラえもん』の話

今までもいろんなものと絡めてきましたが、今回はカントを『ドラえもん』と絡めて論じたいと思います。『ドラえもん』は大人が読んでも面白いし、考えさせられます。
カント倫理学

健康でいられるように努める義務について

自分が健康を害しているとすれば、倫理的善をなすことは困難になります。そのためカントは、事前にそのような状況に自らを陥らせないようにする義務があると言うのです。
カント倫理学

カント倫理学とミルによる古典的功利主義の近似性について

功利主義を過程功利主義と解すると、カント倫理学との近似性が見えてきます。これを「トンデモ解釈」と受け取るか、「ありかも」と思うか、真っ二つに分かれるかもしれません。
カント倫理学

「結果」とは何を指すのか、功利主義者に聞く

少なくとも古典的な功利主義者であるベンサムやミルは、「多くの幸福を生み出す行為が倫理的に正しい」とは言っていません。そういった「傾向」を持つ行為が倫理的に正しいと言っています。彼らが言う「傾向」とは何なのでしょうか?
カント倫理学

功利主義者は「結果」という語で何を指しているのでしょうか?

結果さえよければいいのでしょうか。それとも結果への考慮や内容の妥当性も問われるのでしょうか。もしくは結果への考慮や内容の妥当性があれば、結果そのものは伴わなくてもよいのでしょうか。
カント倫理学

そう努めたからといって、必ずしも能力が伸びるとは限らない

自分が何をすべきか(つまり、当為を)自覚していても、できない(可能に結びつかない)ということもあるのではないでしょうか?例えば、自分の能力を伸ばそうとしても、実際には伸びないということがあるのではないでしょうか?
カント倫理学

どこまで人は能力を伸ばすべきなのか

卓越性とはあればあるだけよいものなのでしょうか?極端な論者を参照しながら、考えてみたいと思います。
カント倫理学

私には自分の幸福を確保すべき義務がある

カントは間接義務の一例として、自身の幸福の確保を挙げています。しかし、カントという人物は、自身の幸福への意図を欠いた、非利己的な善意志からの行為を倫理的善と認め、そのように行為することを求める論者であったはずです。ここに整合性はあるのでしょうか。
カント倫理学

私たちは倫理的義務を常に履行し続けなければならないのでしょうか?

もし私たちが常に倫理的義務を履行するよう努めなければならないとすると、自身の幸福を追求することを許す余地がなくなってしまうことになるのではないでしょうか?もしそうだとすると、それはあまりに禁欲的で、厳格なのではないでしょうか?
カント倫理学

カント倫理学を実践すると幸福になれないのか

カントは非利己的な善意志から行為することを要求します。そのことは自身の幸福を犠牲にすべきことを意味するのでしょうか。もしそうだとすれば、カントは反幸福主義者と揶揄されるのも無理からぬことのようにも思えますが、実際のところどうなのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました