web counter
なぜ他律ではダメなのか | カントに学ぶ意志の倫理学

なぜ他律ではダメなのか

人を助ける理由カント倫理学

前々回、ならびに、前回の記事において、「結果がすべて」「勝ちさえすればいい」といった自分の主観的な価値観を押し付けてしまうことの弊害について述べました。

ただここで、「問題は押し付けようとしている内容にあるのであって、命題自体が正当なものであれば、例えば、『怠けずに自分の力の陶冶に努めるべし』とか『困っている人には手を差し伸べるべき』といった命題ならば、理屈抜きに押し付けても構わないのではないか?」といった疑問の声が上がるかもしれません。

確かに、そういった姿勢も、その場ではよい方に働くかもしれません。しかし、もし本人が主体的に考えずに、盲目的に命令に従っているとすると、その効果は限定的なものとなります。空間的には私の目の届かないところでは効果を期待することはできませんし、時間的にはその経過と共に効果は薄れていくことになります。そこに他律の限界があるのです。

誰も見てないからいいや。

他方で、自身が考え、導き出したものを、規則として自らに課すことによって、すなわち自律によってこそ、当為は空間的・時間的制約を受けずに普遍的に機能するのです。

他人の目なんて関係ない。自分が正しいと思うからやるんだ。

また、前回の記事の最後に、人の命令に盲目的に従ったり、感情に流されている限り、つまり、他律の限り、そこに倫理的善性を見出すことはできないことを断りました。この点にも異論があるかもしれません。

それは例えば「たとえ他律であっても、人助けという行為自体には価値があるのではないか?」といった疑問です。

誤解しないでいただきたいのですが、カントもそこに価値を見出すのです。彼は行為と道徳法則が合致している場合には、適法性(Legalität)を認めるのです。ただし、動機が純粋でない限りは、そこに道徳性(Moralität)は認められないと言っているのです。

行為の動機を無視した、行為と法則の単なる一致、不一致は、適法性(合法則性)と呼ばれる。しかしながら、そこにおいて法則に由来する義務の理念が同時に行為の動機であるような行為と法則との一致は、行為の道徳性(人倫性)と呼ばれる。(カント『人倫の形而上学』)

まず、行為が道徳法則に合致しているかどうかという側面、すなわち、適法性の有無が問われるのであり、そこがクリアできて、はじめて動機が、非利己的で純粋であるかどうかという側面、すなわち、道徳性が問われるのです。

タイトルとURLをコピーしました