web counter
みんながそれをやったらどうなる? | カントに学ぶ意志の倫理学

みんながそれをやったらどうなる?

小川と小屋カント倫理学

コロナウィルスのせいで、私たちはずいぶんと窮屈な生活を強いられています。息子たちが通っている幼稚園は閉鎖されました。身近に親も親戚もいない私たち夫婦は、少なくともどちらかが子供たちの面倒を見なければなりません。

子供とどのように過ごせばよいのか毎日頭を悩ませます。家でできることもありますが、一日中家のなかにいるわけにもいきません。公園で遊ばせたいところですが、公園はどこも立ち入り禁止です。

公園は立ち入り禁止

私は子供たちをどこで遊ばせればよいのでしょうか?
秋元
秋元

どこいこっか?

長男
長男

コロナのいないところ。

私の取った行動 

ドイツの都市はどこもそうですが、少し足を延ばせば、自然が広がっています。そこで先日、森へ行って、散策してきました。森の中なら(ほとんど)人がいないので、コロナウィルスに感染するリスクはほぼ皆無であり、誰にも文句は言われないだろうと考えたのです。

森は最寄りの駅から、電車で20分くらい行ったところにあります。その電車というのは、単線のローカル線で、普段からあまり利用客はいません。加えて今はコロナウィルスの影響で仕事も学校も休みなので、私たちが乗った当日は、車内に二、三人ほどしか人が乗っていませんでした。

森に着いてからも、散策している間に見た人影は、両手に収まるくらいでした。とにかく見渡す限り自然、自然、自然です。まあ、健康的なこと♡

滝

思わぬ異論を受ける

その後、ある人(仮にAさん)に何気なく、電車に乗って森に散策に行った話をしたところ、彼は遊び目的で電車に乗るのはどうかと思う、と苦言を呈したのです。

それってどうなの。

私は考えた末での行動であり、実際にほとんど人には触れなかったことを説明したのですが、Aさんは「自分だけがそう考えたら、確かにそうかもしれないけれど、みんながそう考えたら、電車はいっぱいになってしまうだろう」と言ったのです。

みなさんはこのような意見に対してどう思われますか?その通りだと思いますか?
私は「ああ、そうきたか」と思いました。

私の立場

そのAさんというのはカント主義者でも何でもないのですが、実は、このような「みんながやったら、不都合が生じる」という理屈は、カント倫理学者が好んで持ち出す論法なのです。

カントは確かに普遍化の思考実験によって、万人が同じ行為原理を採用した場合について思い描いてみるべきことを求めます。そして、そういった世界が普遍的な視点から望まれないものであるのであれば、その行為原理を採用すべきでないことを説くのです。

そこで、みんなが同じ森に散策に行ったり、同じ電車に乗ったりする世界を想像してみるとします。すると、確かに、不都合が生じるのです。

しかし、少し考えてみれば分かることですが、こんな思考実験をしていたら、ほとんどすべての行為が許容されないことになってしまいます。

高名なカント倫理学研究者であるバーバラ・ハーマンの挙げている例を借用して、説明してみたいと思います。

バーバラ・ハーマン

例えば、日曜日の朝10時にみんなが教会に行くことが分かっているとすれば、その時間にテニスコートに行けば貸し切りのような状態になります。しかし、みんなが同じことを考えて行動したら、とんでもないことになります。というか、みんなが同じテニスコートに入ることなど物理的に不可能でしょう。ということはAさんは先の理屈を適用して、「朝10時にテニスコートに行くのは倫理的に悖る」と言うのでしょうか。きっと言わないでしょう。

このハーマンの挙げる例に出てくる行為者は、日曜日の10時にみんなが教会に行くことを知っており、それが理由となってその時間にテニスコートに行く決断を下しているのです。その事実を捨象して思考実験をしても、事実から乖離した帰結しか導かれないのです。

同じように、私が電車に乗ったケースは、様々な理由から利用客がほとんどいないことを分かった上で判断を下しているのです。そういったバックグラウンドを無視して、目に見える行動だけに焦点を当てて、その普遍化だの、不整合だの言われても、それは違うだろうと思うのです。

問題の根深さ

普遍化の思考実験について、(状況やそれを踏まえた行為者の考慮を無視して)特定の行為を万人が則った場合の単なる形式や論理のみを扱うものとして論じられることが少なくありません。

中島義道氏はそういった傾向に対して異論を呈しています。

多くのカント倫理学を研究している者が、カントにおける道徳法則とは純粋な形式であると真顔で主張しているが、純粋な形式から倫理学が打ち立てられるはずがない(中島義道『カントの「悪」論』)

多くの哲学者は(カント学者も)カントの道徳法則は形式のみであり、内容を含まないと信じているが、それでなぜ道徳が成り立つのか、不思議に思わないのだろうか? 文字通りの形式とは論理学であって、思考の規則であって、矛盾率や同一律から道徳が成り立つわけがない。(中島義道『悪への自由』)

私は、カント自身が道徳法則が純粋な形式的手続きによって導かれうるものであると信じていたのではないかと疑っていますが、もし本当にそうであるならば、そこにカントの限界があったと見るべきでしょう。

もし道徳法則そのもの、また、その導出が純粋な形式的手続きのみによって可能であるならば、(特定の公理系の上で)数学や論理学のように一義的で明確な「正解」「不正解」が存在することになります。1+1=2が正解で、1+1=3が不正解となるようにです。ここに個人の自由裁量の余地はありません。「〇〇をすべし」「〇〇はしてはいけない」といった規範が、万人が則らなければならない「正解」という存在することになるのです。

しかし、このような考え方は、カント倫理学の根幹部分と矛盾をきたすことになります。なぜなら、カントというのは、道徳法則というのは自ら個々人が考え、導くべきものであり、そのようにして導いた規範が「不正解」であり、そのため道徳的価値が認められないといったことは起こりえないという立場の論者であるはずだからです。

道徳判断を誤る可能性について
行為者本人は自分の道徳判断について正しいと思っているものの、周りの人間はその判断を間違っていると思っているような場合、その正当性はどうなるのでしょうか。

ある特定の行為が無条件的に命令されたり、禁止されたりするのであれば、倫理性は意志次第であるというカント倫理学の核心部分とも矛盾が生じることになります。倫理性の試金石が行為そのものにあるのか、意志のうちにあるのか、分からなくなってしまうのです。

結論

そのため私は(多くのカント倫理学研究者とは立場を異にし)「みんなが行為Aをしたら不整合が生じる。だから行為Aは倫理的悪である」といった類の、純粋な形式のみから規範を導くような手続きには与しません。この問題に関しては次回の記事以降も引き続き論じていくつもりです。

また自著においても論じているので、興味のある方は、『意志の倫理学 カントに学ぶ善への勇気』の第三部、第八節を参照してください。

タイトルとURLをコピーしました