web counter
続・動物を殺して食べること | カントに学ぶ意志の倫理学

続・動物を殺して食べるということ

カント倫理学

前回、カントとショーペンハウアーの思想をもとに、動物を殺して食べることの倫理的意味について考えてみました。食肉について語るのであれば功利主義についても語るべきでしょう。なぜなら動物愛護の立場は、功利主義と密接に関わってきた歴史があるからです。

功利主義の立場

古典的功利主義の創始者の一人として数えられる、ジェレミー・ベンサムは動物に対して以下のようなことを述べています。

問題は、理性があるか、話す事ができるか、といったことではなく、苦痛を感じるということである。なぜ法律はいかなる感覚を持つ生き物をも保護の対象としないのだろうか? いつの日か人類社会はその庇護のマントを、呼吸をする存在すべての上にまで広げることになるだろう。(ベンサム『道徳および立法の諸原理序説』)

ベンサムは、幸福の総和の増大(それは苦痛の総和の減少も含む)が倫理的に正しいことであると捉えています。幸福や苦痛を感じるのは、なにも人間だけではなく、動物も同じです。そうである以上、私たちは人間だけではなく、動物も含めて、幸福の総量の増進、そして、苦痛の軽減について考え、法律を整備していくべきであることが説かれているのです。

その前提で今回の記事のテーマである食肉に絡めて考えると、どうなのでしょう。動物を殺すことは許されないという帰結が予想されるかもしれません。しかし、必ずしもそうはなりません。

なぜ?

というのも、苦痛を伴わない殺し方というのも可能だからです。ベンサムのみならず、現役でもっとも名の売れている功利主義者であるピーター・シンガーなど、多くの功利主義者が苦痛の伴わない殺し方であれば容認するのです。

え、苦しまなければいいの?

釈然としない人もいるかもしれませんが、幸福の増加を促進し、苦を取り去ることを第一義とする倫理学説としては、(妥当性云々とは別に)筋は通っていると私は思います。

秋元
秋元

「 動物も痛みや死への恐怖を感じるから蚊すら殺さない」とか言う人がいますが、普通は一瞬で叩き殺すわけで、その限り痛みも死の恐怖も関係ないでしょ。

「動物は痛みを感じるから」は論拠になっているのか

ただ私は、功利主義の立場に立って、動物が痛みを感じる主体であることを認めるにしても、そして、それが動物にとって相当な苦痛であり恐怖であるとしても、そのことは動物を殺して食べることを否定する根拠には必ずしもならないのではないかと思っています。

思考実験として、仮に動物を殺して食べることが一切禁止された事態を想像してみてください。食肉で生計を立てている人たちは職を失うことになります。うまく別の仕事が見つかればよいですが、そうではない人たちも出てくるでしょう。路頭に迷う者、犯罪に走る者、なかには命を絶つ者も出てくるかもしれません。そして、現に肉を食べて生きている人々、つまり大多数の人が食のスタイルを大きく変えなければならないことになります。人間の側に相当の苦痛が伴うであろうことは明らかです。

もし動物の側の幸福の総量が増加したとしても、人間にとって苦痛が大きく、動物と人間との合算では幸福の総量は減少することになるのであれば、功利主義的にも動物を殺して食べることは正当化されることになるのです。

それで結局・・・

しかし、ここまで話が進むと、古典的功利主義以来の困難に突き当たることになります。つまり、功利主義的な手立てによって、動物を殺して食べることの倫理的許容可能性を否定するのであれば、動物を殺して食べることをやめた方が、現状よりも人間と動物の合算で、幸福の総量が増加することを立証しなければならないのです。しかし、そんなことできるはずがないのです。

秋元
秋元

数字が好きな五歳のうちの長男は(快楽に関しては)「この肉のうまさは80だ」とか、(苦痛に関しては)「今のお腹の痛さが30だ」などと言いますが、私を含めて普通の人は彼のような快苦を数値化するというような特殊な能力を持っていないのです!

そのため私は、食肉に関しては、功利主義には現状を変える力はないと受け止めています。

しかしながら将来、功利主義とは別の理由から食肉が一掃される可能性があるかもしれないとも考えています。

前回の記事にも書きましたが、ドイツではベジタリアンが幅を利かせていて、ベジタリアン料理が充実しています。多彩だし、うまいのです。私は食堂などで、たまに肉料理と間違えて取ってしまい、後から「あれ肉じゃなかったの?気づかなかった!」なんてことがあります。

こういった技術がもっと向上して、本当は肉料理じゃないのだけれど、肉料理のような味であれば、「わざわざ動物を殺さなくても」というような機運が高まっていくのかもしれません。

ひょっとしたら数百年後には、人々は「昔の人間は動物を殺して食べていたんだって、やだー信じられなーい」なんて会話をしているかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました